[プログラム] [宿泊・交通の案内] [旅費について] [リンク]

Last update : June 27, 2008

日本数学会幾何学分科会主催

第55回幾何学シンポジウム


2008年度の幾何学シンポジウムを下記の要領で開催致します.

日程 2008年8月22日(金)〜25日(月)
場所 弘前大学総合教育棟
(401教室,301教室,201教室)
青森県弘前市文京町1番地

組織責任者:

加須栄 篤 (金沢大学理工学域)
小谷 元子 (東北大学理学研究科)
山田 光太郎 (九州大学数理学研究院)
山口 孝男 (筑波大学数理物質科学研究科)
榊 真 (弘前大学理工学部)

プログラム

8月22日(金) 会場
9:00-10:00 401教室 小林 亮一 (名古屋大学)
「リッチフロー不安定セルとその応用」
10:15-11:15 401教室 石田 政司 (上智大学)
「安定コホモトピーSeiberg-Witten不変量の新しい非消滅定理とその応用」
11:30-12:30 401教室 今野 宏 (東京大学)
「Morse theory for abelian hyperkahler quotients」
14:00-14:45 401教室 佐野 友二 (IPMU)
「トーリック・ファノ多様体の乗数イデアル層と積分不変量」
301教室 Wei Guoxin (佐賀大学)
「Rotational hypersurfaces of a sphere」
201教室 矢吹 康浩 (東北大学)
「非完備な納谷計量について」
15:00-15:45 401教室 中田 文憲 (東京工業大学)
「LeBrun-Mason-type twistor correspondence for Einstein-Weyl structures」
301教室 昆 万佑子 (北海道大学・大阪市立大学)
「複素射影空間の実超曲面のリッチ曲率と断面曲率について」
201教室 近藤 剛史 (京都大学)
「グラフモデルのランダム群の固定点定理」
16:00-16:45 401教室 笹平 裕史 (東京大学)
「Floer homology for 2-torsion instanton invariants」
301教室 濱田 龍義 (福岡大学)
「複素空間型内の実超曲面に関する考察」
201教室 田中 守 (東北大学)
「Busemann非正曲率空間に対する固定点性質と同変写像のエネルギー」
17:00-17:45 401教室 藤田 玄 (東京大学)
「Acyclic polarizations and localization of Riemnann-Roch numbers」
301教室 本多 恭子 (お茶の水女子大学)
「n次元共形平坦等質ロ−レンツ多様体」
201教室 山形 紗恵子 (八戸高専)
「Convergence群と写像類群のgirthについて」
8月23日(土) 会場
9:00-10:00 401教室 Udo Hertrich-Jeromin (Bath Univ. JSPS research fellow)
「Unfashionable geometries」
10:15-11:15 401教室 Tim Hoffmann (九州大学)
「Discrete Differential Geometry - old and new geometry」
11:30-12:30 401教室 今井 淳 (首都大学東京) 
「曲線と曲面の共形幾何学」
14:00-14:45 401教室 Nadja Kutz (九州大学)
「Discrete Curves and the Toda Lattice」
301教室 早乙女 飛成 (筑波大学)
「強擬凸多様体間の擬正則写像に対する解析的性質と幾何学的性質」
201教室 横田 巧 (筑波大学)
「リッチ流の縮約体積とギャップ定理」
15:00-15:45 401教室 中條 大介 (九州大学)
「A representation formula for indefinite improper affine spheres」
301教室 山川 大亮 (京都大学)
「群値運動量写像を用いた箙多様体の変種とRiemann-Hilbert対応」
201教室 渡辺 正芳 (東北大学)
「測度距離空間のリッチ曲率と測度の集中現象」
16:00-16:45 401教室 松浦 望 (福岡大学)
「非自励的差分KdV方程式」
301教室 野原 雄一 (名古屋大学)
「Gelfand-Cetlin 系のトーリック退化とポテンシャル関数」
201教室 本多 正平 (京都大学)
「低次元Gromov-Hausdorff極限と,次元の整数性,一様性」
17:00-17:45 401教室 庄田 敏宏 (佐賀大学)
「Euclid空間内の極小曲面について」
301教室 酒井 洋範 (首都大学東京)
「Restoration of quantum orbifold cohomology from quantum D-modules」
201教室 太田 慎一 (京都大学)
「フィンスラー多様体のリッチ曲率と曲率次元条件」
8月24日(日) 会場
10:00-11:00 401教室 大仁田 義裕 (大阪市立大学)
「ラグランジュ部分多様体の微分幾何と関連する変分問題」
11:15-12:15 401教室 赤穂 まなぶ (首都大学東京)
「ラグランジュはめこみのフレアー理論」
14:00-14:45 401教室 坊向 伸隆
「パラエルミート対称対と擬エルミート対称対の関係について」
301教室 新田 貴士 (三重大学)
「反自己双対接続とガルニエ系について」
201教室 蒔田 憲典 (名古屋大学)
「マルコフ作用素と相対エントロピー」
15:00-15:45 401教室 小池 直之 (東京理科大学)
「対称空間内の等径部分多様体と無限次元等径部分多様体」
301教室 松尾 信一郎 (東京大学)
「インスタントンの近似」
201教室 三石 史人 (筑波大学)
「無限次元完備非負曲率アレクサンドロフ空間のsplitting theoremとその応用」
16:00-16:45 401教室 酒井 高司 (大阪市立大学)
「複素球面内の特殊ラグランジュ部分多様体の構成について」
301教室 澁谷 一博 (北海道大学)
「A set of integral elements of higher order jet spaces」
201教室 佐藤 弘康 (筑波大学)
「熱核,Poisson核の情報幾何学とDamek-Ricci空間」
17:00-17:45 401教室 守屋 克洋 (筑波大学)
「平坦四元数的接続と複素平面内のハミルトン極小ラグランジュ輪環面」
301教室 塚本 真輝 (京都大学)
「Brody曲線の変形と平均次元」
201教室 池田 章 (岡山大学)
「球面空間形のラプラシアンのスペクトラルゼータ関数とその正則化行列式」
8月25日(月) 会場
9:00-10:00 401教室 相川 弘明 (北海道大学)
「Martin境界,境界Harnack原理と擬双曲距離」
10:15-11:15 401教室 岩崎 克則 (九州大学)
「パンルヴェ方程式の幾何学」
11:30-12:30 401教室 芥川 和雄 (東京理科大学)
「山辺不変量:手術理論と直積多様体に関する話題から」

宿泊・交通の案内:

弘前大学生協のサービスをご利用ください.


旅費について:

旅費の援助は,ある程度可能です. 旅費の援助申請の期限は7月18日(金)とします. ただし,予算を超える場合は先着順としますのでなるべく早くお申し込みください.

教員の方は,

学生・ポストドクターの方は,必ず指導教員またはそれに順ずる人を通して を明記して,加須栄(kasue (at) kenroku.kanazawa-u.ac.jp  (at)を@に変えて下さい.)までご連絡ください.


リンク