● 幾何学賞受賞者リスト

年度 受賞者 受賞業績
1987 河内明夫 結び目理論及び低次元多様体論における研究業績
小林昭七 微分幾何学の広い分野にわたる数多くの重要な研究業績, 及び幾多の著書により後進へのよき指針を与えたこと
1988 藤本坦孝 極小曲面のガウス写像の除外値に関する永年の予想の完全な解決
1989 深谷賢治 リーマン多様体の崩壊理論とその応用に関する業績
武藤義夫 半世紀を越える幾何学研究において先駆的な成果を数々挙げ現在もなお活発に研究を続けていること
1990 二木昭人 ケーラー・アインシュタイン計量の存在に関する二木不変量の発見
1991 竹内 勝 多年にわたる対称空間に関する一連の研究業績
坪井 俊 $C^1$ 級葉層構造に関する独創的な研究業績
1992 小磯憲史 アインシュタイン計量の変形理論に関する研究業績
藤木 明 ケーラー多様体のモジュライ空間に関する研究業績
1993 吉田朋好 低次元多様体と大域解析学に関する研究業績
1994 小林亮一 開代数多様体上のアインシュタイン・ケーラー計量に関する研究業績
長野 正 対称空間論の幾何学的構築をはじめとする微分幾何学の広い分野にわたる多くの研究業績
1995 梅原雅顕・
山田光太郎
3次元双曲型空間内の平均曲率1の曲面の幾何に関する一連の研究
1996 大森英樹 無限次元リー群論の構築に関わる一連の業績
1997 中島 啓 代数曲面のヒルベルトスキームによるハイゼンベルグ代数の表現の構成
板東重稔 解析的手法による複素微分幾何学における研究業績
1998 大槻知忠 3次元多様体の有限型不変量に関する研究業績
金井雅彦 離散群作用の剛性に関する研究業績
1999 小野 薫 シンプレクティック幾何学における一連の研究,特にアーノルド予想の解決
山口孝男 リーマン多様体の収束・崩壊現象に関する一連の研究
2000 大沢健夫 $L^2$ 評価とその幾何学への応用
小島定吉 3次元双曲幾何学に関する一連の研究業績
2001 宮岡礼子 デュパン超曲面および極小曲面に関する研究業績
2002 清原一吉 可積分測地流の大域的研究と $C_l$ 計量の具体的構成
辻  元 複素代数幾何学における特異エルミート計量の構成と応用
2003 平地健吾 強擬凸領域のベルグマン核の不変式論に関する研究業績
松元重則 力学系理論と葉層構造論の接点における数々の研究業績
2004 鎌田聖一 2次元ブレイドおよび4次元結び目理論の基礎の構築
納谷 信 実および複素双曲空間の理想境界における不変計量の構成
2005 後藤竜司 特殊ホロノミーをもつ幾何に対する統一的理論の構成
藤原耕二 幾何学的群論に関する研究業績
2006 塩谷 隆 アレクサンドロフ空間に関する一連の研究業績
満渕俊樹 多様体モデュライに対する小林・ヒッチン対応の汎関数的手法による研究
2007 森田茂之 写像類群を巡る一連の位相幾何学的研究
吉川謙一 解析的トーションとモジュラス空間上の保型形式に関する研究
2008 葉廣和夫 クラスパーに沿った絡み目と3次元多様体の手術の研究
2009 木田良才 写像類群の測度同値剛性定理の証明
本田 公 接触トポロジーの研究
2010 芥川和雄 山辺不変量の研究
本多宣博 自己双対多様体のツイスター空間の研究
2011 太田慎一 フィンスラー多様体の幾何解析
齋藤恭司 周期積分の理論の現代化の実現
2012 大鹿健一 Bers-Sullivan-Thurstonの稠密性予想の解決
戸田幸伸 導来圏の安定性条件と Donaldson-Thomas 不変量の研究
2013 河野俊丈 幾何学的量子表現に関する一連の研究
山ノ井克俊 Gol'dberg-Mues予想の解決
2014 倉西正武 カルタン-倉西理論,CR幾何,倉西族等に代表される単なる幾何学の枠組みを超えた多年にわたる輝かしい研究業績
2015 入谷寛 量子コホモロジーの研究
佐伯修 安定写像と多様体のトポロジーの研究
2016 相馬輝彦 3次元多様体論に関する一連の研究業績
高山茂晴 一般型代数多様体の多重標準写像の双有理性に関する代数幾何的研究

幾何学分科会のトップ・ページに戻る
幾何学賞のページに戻る